物がのどに詰まった時の応急手当

物がのどに詰まった時の応急手当

赤ちゃんは何でも口に入れてしまったり、喉の機能が未発達なため、喉に物を詰まらせやすいのです。完全に気道に詰まってしまうと、呼吸ができなくなり命の危険もあります。物を口に入れたまま遊んだり泣いたりしているときに詰まらせることもあるので、ご飯やおやつを食べる時は必ず座って食べさせるようにしましょう。日ごろから予防に心掛けたり、喉に物を詰まらせたときの応急処置方法を知っておくことが大切です。

こんな場合はすぐに病院へ

物が詰まった場合はまず詰まったものを取り除くために、応急処置を行いましょう。命にかかわることもあるので、下記のような症状が現れた場合はすぐに病院へ行くか重篤の場合は救急車を呼びましょう。

  • 応急手当をしても詰まったものが取れない
  • 呼吸が荒いまたは呼吸ができない
  • 苦しがっている、顔色が悪い
  • 心肺停止状態

その他、様子がいつもと違うと感じた時や心配な時は、罹りつけに電話するか受診しましょう。

応急手当方法

赤ちゃんや子供が喉に何かを詰まらせて苦しそうにしていたらすぐに応急手当をしましょう。

 

椅子に座るか床に膝をつき、太ももの上に赤ちゃんをうつ伏せにさせます。救助者の左腕を赤ちゃんの下に通し頭やあごを支えます。右の掌で背中をドーンと叩きます。詰まったものが取れるまで何度も繰り返します。何度か繰り返して取れない場合や呼吸や心拍が停止した場合はすぐに救急車を呼びましょう。周りに人がいる場合は助けを求めましょう。心肺停止状態の場合は人工呼吸や心臓マッサージをしましょう。詳しくはこちらをご覧ください→日本医師会 救急蘇生法