誤飲の応急手当

誤飲の応急手当

赤ちゃんがタバコや洗剤などを誤飲してしまった場合、赤ちゃんの様子をしっかりと確認し、嘔吐、元気がない、意識障害などの症状がある場合はすぐに病院を受診しましょう。とくにけいれんや意識障害がある場合は救急車を呼びましょう。誤飲の応急処置は飲み込んだものによって違うので、原因をしっかりと確認しましょう。原因がわからない場合は、かかりつけの病院や専門の相談窓口へ電話しましょう。

こんな場合はすぐに病院へ行きましょう

誤飲した物によっては命にかかわることもあるので、下記のような症状が現れた場合はすぐに病院へ行くか重篤の場合は救急車を呼びましょう。

 

  • 意識がない
  • けいれんを起こしている
  • 呼吸が荒い(苦しそう)
  • 顔色が悪い、ぐったりしている
  • 毒性の強い物を誤飲した
  • 飲みこんだ量がわからない

 

意識がない場合や反応が薄い場合、無理に吐かせると気管に入ってしまうことがあるので危険です。医師の指示に従うか119番通報、または下記の中毒110番に電話し指示を仰ぎましょう。その他、様子がいつもと違うと感じた時や心配な時は、罹りつけに電話するか受診しましょう。

応急手当方法

何を誤飲したかわかっている場合は、下記の表を参考にして応急手当しましょう。わからない場合はかかりつけの病院または専門の相談窓口へ問い合わせましょう。飲みこんだものが危険な物の場合や、赤ちゃんの様子がおかしいまたは急変した場合はすぐに病院を受診しましょう。うまく吐かせられない場合は無理をせず病院へ行きましょう。病院へ行くときは飲み込んだ物か容器や包装類を持って行きましょう。

 

飲みこんだもの 手当方法
タバコ 何も飲ませず、口の中に残っているものをかきだす。吐かせてうまくできない場合は無理をしない。2センチ以上食べた場合や、食べた量がわからない場合はすぐに受診する。
タバコを浸した水(滲出液) 水や牛乳を飲ませて吐かせる。滲出液は大変危険なのですぐに受診する。
大部分の医薬品 すぐに水や牛乳を飲ませて吐かせる。様子がおかしい場合や飲んだ量がわからない場合は薬を持ってすぐに受診する。特に強い薬は少量でも赤ちゃんにとっては危険なものもあるので、副作用等を確認をしましょう。
強酸、強アルカリ性の洗剤(カビ取り剤、漂白剤など) 牛乳か卵白を飲ませる。吐かせると再度食道を痛めてしまうので、吐かせずにすぐに病院を受診する。
マニキュア、除光液、シンナー、灯油、液体殺虫剤など石油製品(揮発性物質) 何も飲ませない、揮発性の物は肺に入ると肺炎を起こすことがあるので吐かせない。すぐに病院を受診する。
ナフタリン、パラジクロルベンゼン系の防虫剤 水を飲ませて、吐かせる。油に溶けやすいので牛乳は飲ませない。なめた程度であれば様子を見るが、飲みこんだ量がわからない場合や、小さなかけら程度でも飲みこんだ可能性がある場合は、すぐに病院を受診する。
樟脳(しょうのう)系の防虫剤 水を飲ませてすぐに病院を受診する。吐かせるとけいれんを起こす事があるので吐かせない。かけら程度でも危険です。
ホウ酸団子 水か牛乳を飲ませて吐かせる。すぐに病院を受診する。かけら程度でも危険です。
ボタン電池 何も飲ませずすぐに病院を受診する。

意識がない場合は無理に吐かせると気管に入ってしまい大変危険です。うまく吐かせられない場合も無理に吐かせると気管に入る危険性があるので注意しましょう。特に乳幼児は危険なので無理をせずすぐに病院を受診するか、重篤の場合は救急車を呼びましょう。

少量の場合は様子を見る物

鉛筆の芯、クレヨン、歯磨き粉、インク、絵具、消しゴム、粘度、口紅、ファンデーション、化粧水、乳液、クリーム、香水、シャンプー、リンス、シャボン玉液、食器用洗剤、ろうそく、シリカゲル、オムツ、のり、蚊取り線香、保冷剤

 

上記の物は少量(1g、1ml未満)程度であれば様子を見ますが、たくさん飲みこんでしまった場合は吐かせて様子を見るか、病院を受診しましょう。量がわからない場合や、何らかの症状がある場合はかかりつけへ電話をするか受診をしましょう。必ず飲みこんだ物がわかるようにしましょう。

緊急時は中毒110番へ

大阪中毒110番
365日 24時間対応
072-727-2499(無料)
つくば中毒110番
365日 9時〜21時対応
029-852-9999(無料)
タバコ専用電話
365日 24時間対応
072-726-9922