出産入院中のスケジュール

出産入院期間はどのくらい?

出産後は経膣分娩の場合は1週間程度入院します。病院によって経産婦さんは1日早く退院する事もあります。入院中はママや赤ちゃんに異常がないか診察をしてもらったり、赤ちゃんのお世話の仕方を学んだりします。
退院後に困らないようにわからない事は何でも聞き指導してもらいましょう。

 

入院中のスケジュールは病院や出産した時間によって違います。
下記の表は経膣分娩の場合です。日程や内容は参考程度に。

ママのおもな出産入院生活スケジュール

出産当日

 

出産後はベッドで安静にして過ごします。気分が高揚したり、会陰切開の傷が痛んだりして眠れない事もありますが、必ずベッドの上で横になって過ごしましょう。8時間後くらいにトイレまで歩いて行き、おしっこをしてナプキンを交換します。それまでは看護師さんがナプキンを交換してくれます。
脈拍、体温、悪露の出具合、子宮の収縮の様子等を何度か診てもらいます。
食事制限はないので、お腹がすいている時は何か食べるようにしましょう。
母子同室の場合、出産当日は新生児室で預かってもらえることが多いですが、早いところでは病室に戻った時点から、赤ちゃんのお世話が始まる事もあります。母子別室の場合は新生児室で預かってもらいます。

 

出産で体のあちこちが痛んだり、会陰切開の傷が痛んだりするので、トイレに行くのが苦痛かもしれませんが、異常がないかも診るので必ず行かなくてはいけません。ゆっくりでもいいので頑張って歩きましょう。ふらふらする時は看護師さんに手伝ってもらいましょう。

 

産後1日目

 

母子同室の場合、多くの病院がこの日から赤ちゃんとの生活が始まります。おむつの替え方や授乳の仕方などの指導があります。授乳は看護師さんや助産師さんがうまくできるようにサポートしてくれます。

 

母子別室の場合は、昼間だけ赤ちゃんと一緒に過ごし、おむつの交換や授乳をします。夜間は新生児室で預かってもらい、授乳時間になったら授乳室に行き赤ちゃんにおっぱいをあげます。

 

回診があり子宮の戻り具合などを診てもらいます。体温、脈拍、血圧などの測定や会陰切開の消毒をすることもあります。
病院によってはこの日から毎日シャワーに入れることもあります。
後陣痛や会陰切開が痛い時は我慢せず鎮痛剤をもらいましょう。

 

産後2日目〜退院

 

赤ちゃんのお世話は産後1日目と同じで、母子同室の場合はずっと赤ちゃんと一緒に過ごしお世話をします。別室の場合は日中だけ一緒に過ごし、夜は預かってもらいます。回診があり子宮の戻り具合などを診てもらいます。体温、脈拍、血圧などの測定もあります。

 

その他に行われるサポート

 

  • 沐浴指導、沐浴実施
  • おっぱいマッサージ
  • 尿検査、血液検査、体重測定
  • 会陰切開の抜糸(溶ける糸で縫合した場合はありません)
  • 内診、会陰切開の消毒
  • ママと赤ちゃんの栄養指導
  • 調乳指導
  • 退院指導  など

入院中にわからない事があるときはしっかり聞いておきましょう。指導を受けた事はメモを取り忘れないようにしましょう。
授乳がうまくできなかったり、母乳がなかなか出ない事があるかもしれませんが、誰でも最初からうまくはできないので、気にし過ぎたり落ち込まないようにしましょう。ママも赤ちゃんも慣れるまでが大変ですが、諦めず根気よく頑張りましょう。

赤ちゃんの主な入院生活スケジュール

誕生当日

 

体重、体温、脈拍、呼吸の状態などをチェックしてもらい、ブドウ糖やビタミンK2シロップを飲みます。
血糖検査が行われます。
病院によってはブドウ糖や白湯などを飲ませ、吸啜力や吐き戻しなどの様子を見ることもあります。
出産当日から母子同室の場合は、ママと一緒の部屋で過ごしママの母乳を飲みます。
便は胎便と言いう濃い緑色や黒色をしたものが出ます。

 

退院まで

 

毎日、体重、体温、脈拍、呼吸などをチェックします。
黄疸の検査、先天性代謝異常の検査、聴力の検査をし、心臓や間接に異常がないか健診を受けます。 退院前にもう一度ビタミンK2シロップを飲みます。
毎日、沐浴か体を拭いてもらい爪が伸びている時は切ってもらいます。
へその緒は毎日消毒し、取れたらへそが乾燥するまで消毒します。

 

授乳が開始している時は母乳を飲みます。授乳が開始してない場合や母乳が足りない時はミルクやブドウ糖を飲むこともあります。
健診を受け心臓や間接などに異常がないか診てもらいます。総合病院では小児科や整形外科で診察してもらうこともあります。

 

ほとんどの赤ちゃんは入院中に出生時より体重が減少し、退院する頃に戻ります。異常がなければママと一緒に退院します。