陣痛から出産までのお産の進み方と呼吸法【準備期】

陣痛、準備期(じゅんびき)の様子

子宮口の開き 0〜3センチ ・陣痛間隔 8〜10分 ・陣痛時間 20〜30秒

 

陣痛初期、準備期

 

陣痛の痛みが強くなるまではリラックスして、いつもと同じ呼吸や深呼吸で乗り切りましょう。その時も必ず呼吸をし、できるだけ体が強張らないようにしましょう。最初から腹式呼吸や呼吸法をしてしまうと、お産には時間がかかるので疲れてしまいます。

 

準備期は陣痛間隔が約10分で、陣痛と陣痛の間は痛みがないので、歩くこともできます。この時入院する事が多いです。痛みが無い時に動くようにして、病院まで移動します。
分娩所要時間は人によって全く違うので、一概には言えませんが長い人は1日以上、準備期が続くこともあります。短い人では分娩所要時間が2時間以内ということもあります。

 

お産は予想以上に長時間かかる事もあるので、準備期は緊張しないように音楽を聞いたり読書をしたりしてリラックスして過ごしましょう。
なかなか陣痛が強くならないときや、間隔が縮まらないときは、動くことによってお産の進行が早くなりやすいので、動ける時はゆっくり歩いたりして、陣痛が来たら動くのをやめ、深呼吸や呼吸法で乗り切りましょう。

 

準備期に陣痛が来た時の呼吸法

 

陣痛初期、準備期の呼吸法

呼吸法の説明

 

3秒吸って3秒で吐くくらいのペース。

深呼吸や普通の呼吸で乗り切れる時は疲れてしまうのでまだ呼吸法をしない。