妊娠中の薬を使用する危険性について

妊娠中の薬を使用する危険性について

妊娠に気付く前に飲んでしまった薬や、妊娠中に飲む薬がとても心配になると思います。市販薬も医者に処方された薬も、100%安全と言い切ることはできないので、飲まないに越したことはないのですが、用法や用量を守ることで安全性はまします。妊娠にはトラブルを伴うことも多いので、必要に応じて使うようにしましょう。

 

現在の市販薬は催奇形性(赤ちゃんが奇形や障害を起こす可能性)について調べる義務があり、危険性のあるものは使用できません。気付かずに飲んでしまったからと言って、過剰に心配になる必要はありません。
医師に処方される薬は、妊娠継続のために必要と判断され、処方する薬は長年使用されて安全と判断され出されたものなので、納得した上で服用し自己判断でやめたりしないようにしましょう。飲まないことで体の調子が悪くなり、赤ちゃんに害を与えてしまうこともあります。 市販薬を飲んでしまい、心配な時は医師に相談しましょう。

胎児に薬が影響しやすい時期

赤ちゃんが薬の影響を最も受けやすい時期は4〜10週で、この時期は体の各器官が作られるとても大事な時期ですが、この時期に薬を飲んだからと言って必ず赤ちゃんに奇形が現れるというわけではありません。この時期に催奇物質を含んだ薬を服用すると、細胞分裂がうまくいかず異常が起こることがあるということです。
妊娠0〜3週は催奇物質に侵されにくく、10週以降は薬の影響を受ける可能性は低くなりますが、引き続き必要のない薬の服用は避け気をつけましょう。
←の時期は奇形誘発に敏感な時期です.この時期は極力薬の服用は避けましょう。

 

胎児に薬が影響しやすい時期

 

奇形誘発に敏感な時期を過ぎたからと言って、安易に市販薬を使うのは避けたほうがいいと思います。何か体の調子が悪い時は、自己判断で薬を服用せず、主治医に相談しましょう。市販薬の目薬や塗り薬などは、赤ちゃんへの影響が考えられにくいもがあり、医師が処方せず市販薬でいいと判断することもあるでしょう。

 

パパが飲んでいた薬の赤ちゃんへの影響

 

受精前にパパが薬を飲んでいた場合とても気になると思いますが、その薬が抗がん剤や免疫抑制剤など、遺伝子に異常をきたす薬でない限り、赤ちゃんや妊娠に影響はないと言えるでしょう。

 

ピルの赤ちゃんへの影響

 

低用量ピルの場合は、ほとんど問題ないと言われています。妊娠に気付かずピルを飲み続けてしまうケースがありますが、問題があると言われていのは、高用量ピルを大量に長期間服用していた場合です。

 

不妊治療薬の赤ちゃんへの影響

 

不妊治療に使われている薬や注射などは、赤ちゃんや妊娠に大きな影響を与えることは、ほとんどないといわれています。赤ちゃんへ薬の影響が出やすいのは4週ごろからと言われているので、その前に服用していた時はほとんど影響ないと言えるでしょう。心配な場合は主治医に相談してみましょう。

 

市販薬の影響についてはこちら

関連ページ

妊娠中の自宅安静について
簡単!わかりやすい!安産体操
必要な赤ちゃんグッズ(ベビー用品)の紹介
妊娠中の便秘と痔の解消方法と予防方法
母子手帳(正式名称:母子健康手帳)について
妊娠中のカフェイン、X線、電磁波、健康食品の影響について
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)について
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の予防方法
母親学級・両親学級について
腹帯と妊婦帯、巻き方について
妊娠中のお腹の張りと痛みについて
妊娠中の貧血、症状や治療法について
双子の妊娠
マタニティインナーについて
妊娠中の飲酒について
持病がある人の妊娠・出産
妊娠中の感染症について
妊娠中の予定カレンダー
基礎体温表と月経周期
妊娠中のたばこの喫煙について
高齢妊娠・高齢出産
妊娠中の市販薬について
妊娠する前にしておきたいこと
妊娠の兆候やサイン
妊娠中の大きなお腹は行動に注意
妊娠中のおっぱいトレーニング&おっぱいケア
妊娠や出産に伴う入院時の留守宅の準備について
切迫流産・流産について
逆子の種類と逆子体操
産院の種類と選び方
産院を選ぶ時にチェックする点
里帰り出産について
妊娠中の性行為について
性感染症(STD)が妊娠、出産に与える影響について
妊娠をしたら生活を見直そう
妊娠が成立するまでの仕組み
子宮外妊娠と胞状奇胎について
ママのお腹の大きさ(腹囲、子宮低長)と赤ちゃんのサイズ
切迫早産・早産の原因や症状、治療法について
妊娠週数の自動計算と妊娠週数・月数表
胎盤の異常や羊水の異常について
胎児の胎動について
男女の産み分けについて
マタニティウエアについて
妊娠中の仕事について
出産予定日の自動計算
妊娠中の腰痛対策と恥骨痛対策
産後の異常やトラブル