妊娠中の飲酒について

妊娠中の飲酒の危険性について

妊娠1ヶ月間はつわりなどの症状が無く、妊娠に気付かずお酒(アルコール)を摂取してしまうことがあります。アルコールの量が少量の場合は、赤ちゃんにあまり影響が無いと言われていますがゼロではありません。妊娠中は神経質になりがちなので、心配ごとを一つでもなくすために、妊娠の可能性がある場合は妊娠が分かる前から接種することを少し控えるようにしましょう。アルコール依存症の場合は必ず医師に相談しましょう。

 

ママが飲んだアルコールは血液に入り、胎盤をとおして赤ちゃんに送られてしまいます。妊娠中に毎日大量にアルコールを摂取していると、発達障害や知能障害、奇形などのある、胎児性アルコール症候群と呼ばれる赤ちゃんの生まれる確率が高くなります。

 

脳や中枢神経に影響を及ぼす可能性があるといわれているのはアルコール依存症レベル、瓶ビール2本や日本酒2合程度を毎日または週に数回飲んでいた場合と言われていますが、何ml以下は大丈夫という規定は有りません。ですから、少量でも赤ちゃんに影響が出る可能性はあるので、妊娠中は飲まない方が賢明です。

 

アルコールは1日で代謝されるので、妊娠前に飲んでいたアルコールについては心配しなくても大丈夫です。妊娠中も少量であれば影響は少ないと言われているので、今後飲酒を控えるように気をつけましょう。

 

妊娠中は飲まないことが1番ですので、妊娠が分かったらできる限り飲まないようにしましょう。飲まないことでストレスがたまってしまうときはノンアルコールビールを飲んだり、お酒以外でストレスが発散できるようにしてみましょう。後から後悔しても遅いので、かわいいわが子の将来のためと思い頑張りましょう。

 

パパが飲んでいたお酒やお酒を飲んでいた時に、赤ちゃんができたとしても特に心配ないでしょう。

関連ページ

妊娠中の自宅安静について
簡単!わかりやすい!安産体操
必要な赤ちゃんグッズ(ベビー用品)の紹介
妊娠中の便秘と痔の解消方法と予防方法
母子手帳(正式名称:母子健康手帳)について
妊娠中のカフェイン、X線、電磁波、健康食品の影響について
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)について
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の予防方法
母親学級・両親学級について
腹帯と妊婦帯、巻き方について
妊娠中のお腹の張りと痛みについて
妊娠中の貧血、症状や治療法について
双子の妊娠
マタニティインナーについて
持病がある人の妊娠・出産
妊娠中の感染症について
妊娠中の予定カレンダー
基礎体温表と月経周期
妊娠中のたばこの喫煙について
高齢妊娠・高齢出産
妊娠中の薬を使用する危険性について
妊娠中の市販薬について
妊娠する前にしておきたいこと
妊娠の兆候やサイン
妊娠中の大きなお腹は行動に注意
妊娠中のおっぱいトレーニング&おっぱいケア
妊娠や出産に伴う入院時の留守宅の準備について
切迫流産・流産について
逆子の種類と逆子体操
産院の種類と選び方
産院を選ぶ時にチェックする点
里帰り出産について
妊娠中の性行為について
性感染症(STD)が妊娠、出産に与える影響について
妊娠をしたら生活を見直そう
妊娠が成立するまでの仕組み
子宮外妊娠と胞状奇胎について
ママのお腹の大きさ(腹囲、子宮低長)と赤ちゃんのサイズ
切迫早産・早産の原因や症状、治療法について
妊娠週数の自動計算と妊娠週数・月数表
胎盤の異常や羊水の異常について
胎児の胎動について
男女の産み分けについて
マタニティウエアについて
妊娠中の仕事について
出産予定日の自動計算
妊娠中の腰痛対策と恥骨痛対策
産後の異常やトラブル