妊娠32〜35週目(9ヶ月)のママと赤ちゃんの様子と変化

妊娠32〜35週目(9ヶ月)のママの体の変化

妊娠32〜35週目(9ヶ月)

子宮の大きさ
子宮低長30〜32センチ(妊娠35週末頃)
赤ちゃんの大きさ
身長 約45p
体重 約2200g
大きさ 中くらいのパイナップル1個


 

妊娠32〜35週目(9ヶ月)のエコー写真(クリックで拡大画像が見られます)

妊娠32〜35週目(9ヶ月)


妊娠9ヶ月になるとお腹がさらに大きくなり、少しの行動で疲れやすくなったり、腰痛や背筋痛がひどくなったりなど、普通に生活していくのも大変になってきます。さらに、大きな子宮に内臓が圧迫されるので、胃もたれや尿漏れなど不快症状が増えます。無理をするとおなかが張りやすくなるので、疲れを感じたら横になって休むようにしましょう。上の子の育児でなかなか休めない人も、少しの間を見つけて休むようにしたり、家事は手抜きをしたり、短時間で終わらせたりして、休めるように工夫しましょう。元気な時は体を動かして体力を付け、引き続き体重の急激な増加には気をつけましょう。
膀胱が圧迫されるのでトイレの回数が増えたり、くしゃみなどで尿が漏れたりすることがあるので、悩む人も多いですが、出産後にはほとんど治るので、今は尿漏れ専用パッドをつけて過ごすようにしましょう。
出産に備えて子宮口が徐々に柔らかくなるので、おりものの量が増えます。血液循環量が増えますが、増えたのはほとんどが水分なので、むくみやすくなります。むくみがひどい時は、足をあげて寝たり、長時間同じ姿勢の時は、ストレッチやマッサージをするなどして、血行やリンパ液の流れを良くしましょう。
肌がますます敏感になり、しみやそばかすが増えたり、濃くなったりします。日焼け止めやお肌のケアを、忘れないようにしましょう。

妊娠32〜35週目(9ヶ月)の赤ちゃんの様子

さらに皮下脂肪が増え、丸みを帯びた赤ちゃんらしい体つきや顔つきになってきます。
顔やお腹などに生えていた胎毛が少しずつ無くなり、胎脂が赤ちゃんを守ります。
肺や腎臓の機能も完成し、生まれてきても生存可能な状態ですが、未熟なので予定日近くまでは、ママのお腹の中で育つのが一番いいのです。
このころになると赤ちゃんの個性もはっきり現れて、ぽっちゃりな赤ちゃんややせている赤ちゃんなど、それぞれに差が見られます。超音波で測定する推定体重も、個人差が大きく出てきます。9か月末には2,500gを超えている子や、2000g未満の子など様々ですが、医師から注意がなければ心配いりません。 胎動が有るか毎日確認しましょう。