妊娠28〜31週目(8ヶ月)のママと赤ちゃんの様子と変化

妊娠28〜31週目(8ヶ月)のママの体の変化

妊娠28〜31週目(8ヶ月)

子宮の大きさ
子宮低長26〜29センチ(妊娠31週末頃)
赤ちゃんの大きさ
身長 約43p
体重 約1500g
大きさ かぼちゃ1個くらい


 

妊娠28〜31週目(8ヶ月)のエコー写真(クリックで拡大画像が見られます)

妊娠28〜31週目(8ヶ月)


妊娠8ヶ月になると子宮がさらに大きくなり、胃や心臓を圧迫するようになります。そのため胃もたれや動悸などの症状が出てきたり、一度に食べられる量が減ってしまうこともあります。ママがあまり食べられなくて、赤ちゃんに栄養が行くのか心配になるかもしれませんが、ママが摂取して栄養は赤ちゃんへ優先的に送られ、足りない時はママの蓄えられた脂肪などから送られていきます。
赤ちゃんに栄養をあげているので、無性に甘いものが食べたくなることもありますが、食べ過ぎに注意して、バランスの良い食事を心がけ、しっかり体重管理をしましょう。体重の急激な増加には気をつけましょう。
体重が急激に増えて一気にお腹が大きくなった時や、お腹が前に出やすい人や小柄な人は妊娠線ができやすいので保湿クリームを塗ったり、皮膚を伸ばしたりマッサージをして妊娠線を予防しましょう。

妊娠28〜31週目(8ヶ月)の赤ちゃんの様子

しわしわだった皮膚は皮下脂肪が増え、赤ちゃんらしい体つきになりはじめます。
羊水の増加が止まり赤ちゃんの比率が増えるので、胎動をよりはっきりと判じるようになり、手や足等の細かい動きもわかるようになってきます。
この頃になると赤ちゃんは体が大きくなり、子宮の中が狭くなるので、身動きがとりづらくなります。そろそろ頭を下にする姿勢(頭位)になり、出産に備えます。この時期にまだ逆子の赤ちゃんでも動きが活発なので、頭位に変わることもあります。あまり深刻に考える必要はありません。
逆子についてはこちら
羊水を飲み込む時に、呼吸に似た動きが見られるようになります。 睡眠のリズムもできはじめるので、胎動がだいたい20分間隔で動いたり止まったりします。ママは胎動でこの間隔を、感じる事ができると思います。 活発で胎動が強くて眠れないときは、赤ちゃんの睡眠リズムを見ながら休むようにしましょう。