妊娠20〜23週目(6ヶ月)のママと赤ちゃんの様子と変化

妊娠20〜23週目(6ヶ月)のママの体の変化

妊娠20〜23週目(6ヶ月)

子宮の大きさ
大人の頭より一回り大きいくらい(妊娠23週目)
子宮低長18〜21センチ(妊娠23週末頃)
赤ちゃんの大きさ
身長 約30p  体重 約550g
大きさ 中くらいのメロン1個くらい


 

妊娠20〜23週目(6ヶ月)のエコー写真(クリックで拡大画像が見られます)

妊娠20〜23週目(6ヶ月)


妊娠6ヶ月になると、子宮が大人の頭より一回り大きいくらいになり、さらに恥骨より前に出てくるので、ふくらみが目立ってきます。これに伴い体のバランスが取りにくくなり、お腹を突き出し背中を反った姿勢を取るようになると、腰痛や背中が痛くなることがあります。姿勢に気をつけて、負担をかけないように気をつけましょう。
運動不足や下半身の血行不良、カルシウムやミネラルなどの栄養素不足から脚が頻繁に、こむら返りになることがあります。こむら返りがひどい場合は、ウォーキングなどの運動をして血行を良くしたり、カルシウムやミネラル、水分を補ったりすると、起こりにくくなると言われています。冷えが原因で起こることもあるので、夏場でも冷やさないようにしましょう。
早朝に背伸びをすると、こむらがえりになる事が多いので、背伸びをしないように心掛けたり、無理な体勢をとらないようにしましょう。妊娠中のこむらがえりはは妊娠していない時に比べ、痛みが強く時間も長いので辛いですが、出産後にはほとんど治ります。
こむらがえりになってしまったら、脚を温めたりマッサージをしたりして、硬くなった筋肉を揉み解したり、つま先を手前に引っ張って、筋肉を伸ばすと緩和されることもあります。
乳房も段々と大きくなります。乳頭に陥没や扁平などのトラブルがある人は、少しずつマッサージでやわらかくして、引っ張り出しておくと良いでしょう。乳房を触ると子宮が収縮することがあるので、気をつけましょう。おっぱいマッサージについてはこちら
お腹が重くなってきて動くのが億劫になりがちですが、異常がなければ運動や体操などで体を動かし、体力をつけるようにしましょう。姿勢に気をつけ、背筋をまっすぐするようにしましょう。

妊娠20〜23週目(6ヶ月)の赤ちゃんの様子

赤ちゃんの皮膚の表面は胎脂というクリーム状の皮脂と皮膚がはがれてできたもので覆われています。皮下脂肪はまだ少なくて、しわしわですが骨がしっかりして、筋肉もついてくるので、さまざまな動きをしています。胎動もだんだんと強さを増し、エコーでもはっきりとした動きがみられるようになります。
赤ちゃんは羊水を飲んで、おっぱいを飲む準備のような行動をしています。この頃になると、外性器を超音波検査で見ることができるので、性別を知りたい人はエコーの時に医師に頼んでみましょう。性別を知りたくない人は、見えないようにしてもらいましょう。
聴覚機能がだんだんと発達して、子宮の中でぼんやりとママの声や、血液の流れる音などを聞いています。羊水量が増え自由な姿勢に変えられるようになります。精巣や卵巣甲状腺などの、ホルモンを分泌する器官も活発に動き始めます。