妊娠12〜15週目(4ヶ月)のママと赤ちゃんの様子と変化

妊娠12〜15週目(4ヶ月)のママの体の変化

妊娠12〜15週目(4ヶ月)

子宮の大きさ
新生児の頭くらい(妊娠15週目)
赤ちゃんの大きさ
身長 約16p
体重 約100g
大きさ レモン1個くらい


 

妊娠12〜15週目(4ヶ月)のエコー写真(クリックで拡大画像が見られます)

妊娠12〜15週目(4ヶ月)


ほとんどの人がようやくつわりが治まったり、症状が楽になったりします。体温は少し下がり、体の不調や眠気もおさまってきます。吐きづわりの人はつわりが治まり、吐き気が無くなると、今までにないくらいの食欲が出てくる事があるので、食べ過ぎないように気をつけましょう。食欲がおさまらない時は、カロリーの少ないものを食べるようにしたり、異常がなければ軽い運動したりして、急激な増加には気をつけましょう。
子宮が新生児の頭ぐらいの大きさになるので、お腹が少し膨らんできます。胎盤が完成し流産の危険も少なくなり、体も心も楽になってくるので、少しずつ体を動かしましょう。運動が再開できるのもこの時期なので、医師に相談してみましょう。
ホルモンの影響や子宮の増大で腰痛になってしまうことや、もともと腰痛を持っている人はひどくなってしまうことがあります。痛みがひどい時、は医師に相談するか、体操や骨盤ベルトなどでやわらげましょう。
腰痛についてはこちら

妊娠12〜15週目(4ヶ月)の赤ちゃんの様子

内臓や器官がほとんど完成し、体の基礎がほぼできあがります。骨や筋肉も作られ、成長のスピードが速くなり、どんどん成長していきます。ようやく胎盤が完成するので、ママから赤ちゃんへ酸素と栄養が送られ、赤ちゃんからは老廃物や二酸化炭素が送られてきます。
筋肉がつくので赤ちゃんは手や足を動かし活発になり、運動により脳の発達が促されます。外性器の形がはっきり出来上がります。性別を知りたくない人はエコーをする前に見えないようにしてほしいと伝えておきましょう。
胎児の大きさに比べて羊水が多いので、胎動はまだ伝わりにくいです。

 

ママから栄養をあげるようになりますが、まだ小さく必要な栄養は少しだけなので、2人分食べる必要はありません。食事の量より内容を充実させるようにしましょう。赤ちゃんのためにも、ママ自身のためにも、栄養バランスのいい食事を取るようにしましょう。