離乳食について悩みトップページ

離乳食によくある悩み一覧

離乳食は赤ちゃんが様々な食べ物を食べらるようになるための訓練です。赤ちゃんにとっては食べ物を飲み込んだり、噛みつぶしたりなどがすべてが初めての体験で、スムーズに行かないことの方が多いので、ママは赤ちゃんのスピードに合わせてあげましょう。
離乳食を毎回作るのは手間がかかりますが、作り置きをしたり簡単に作れる方法を探したりして、手間を省けるように工夫してみましょう。

離乳食について悩みトップページ記事一覧

離乳食のスタートは小さじ1杯から少しずつ食べる量を増やしていきます。初めて食べる食材を与えるときも小さじ1杯程度にし、少...

離乳食を与えるタイミングは、赤ちゃんそれぞれに合わせてあげるようにします。離乳食を十分食べられるようになっても、離乳食が...

赤ちゃんはなんでも触りたがり、食べ物もおもちゃと思ってぐちゃぐちゃにしてしまいます。ママは赤ちゃんの服やキッチンを毎食後...

赤ちゃんがスプーンやフォークを嫌がるときは、素材を変えたり大きさを変えたりしてみましょう。素材や大きさを変えても嫌がる場...

初期段階で赤ちゃんに離乳食と母乳やミルクを与えているときは、まだ離乳食に慣れておらず、母乳やミルクから栄養が取れるので、...

赤ちゃんが食器や食べ物に触りたいと思うのは、食に興味がある証拠なのでとてもいいことですが、渡した食器や食べ物で遊んでしま...

おとなしく座って食べてくれない子は、立って食べても食べ物がもらえると思っているので、立って食べたり椅子の上に立って食べる...

離乳食のステップアップするペースはその子によって個人差があるので、なかなか次に進めなくても焦る必要はありません。赤ちゃん...

赤ちゃんは離乳食をあまり噛まずに、固形物もそのまま丸飲みをしてしまうことが多いので、嘔吐反応がでやすく固形物を与え初めの...

離乳食のときにエプロンを嫌がるのは赤ちゃんによって理由が違い、エプロンの素材を嫌がる、袖があるのを嫌がる、離乳食自体が嫌...

赤ちゃんがコップで上手に飲めるようになるにはトレーニングが必要です。何度もこぼしたり、うまく傾けれなかったりなどの失敗を...

うどんはつるつるとしていて飲み込みやすいので、とくに赤ちゃんが好んでよく食べる食材です。うどんをたくさん食べても心配はい...

おっぱいのように哺乳瓶も赤ちゃんにとって精神安定剤になっていたり、ねんね=哺乳瓶と言うように癖になっていると、哺乳瓶を止...

離乳食の中期や後期になると柔らかい固形物を与え、噛んで食べるという練習を始めますが、赤ちゃんは噛んだりつぶしたりすること...

赤ちゃんにはまだ甘いお菓子やジュースは必要ないので、できるだけ与えないのが一番ですが、兄弟がいたり、おばあちゃんが孫の可...

野菜は味が赤ちゃん好み出ないものが多いので、嫌がることはよくありますが、野菜にはたくさんの栄養があるので、赤ちゃんや子供...

自分で食べようとしないときは、手掴みしやすい物を常に準備したり、おとなと一緒に食事をして自分で食べることに興味を持たせる...

離乳食のステップアップが完了しても、すぐに大人と同じものが食べられるわけではありません。 大人の味付けでは塩分が多く、子...

赤ちゃんのうちは食べたいと思うと、飲みこむのを待たずにどんどん口の中に押し込んでしまうことがあります。赤っちゃんはまだ、...