生後10〜11ヶ月頃の育児の悩み

生後10〜11ヶ月頃の赤ちゃんによくある悩み一覧

赤ちゃんはハイハイや伝い歩きをし始め運動機能が上がり、いたずらや遊びがダイナミックになってくるので、常に目を光らせているママは大変ですね。感情面でも成長が多くみられ、後追いや夜泣きなども激しくなって、ママはお手上げ状態になってしまうこともあるかもしれません。
毎日のことなので大変ですが、気長に付き合ってあげましょう。休めるときはゆっくり休み、一緒に外に出かけたり、赤ちゃんを預けて一人で気楽に出かけたりしてうまくストレスを発散させましょう。
ママにストレスがたまっているとそれが赤ちゃんにうつり、ストレスをもらった赤ちゃんは機嫌が悪くぐずることが増えます。そしてまたママのストレスになってしまいます。負のループにならないように、とにかくストレスをためないことが大切です。考え方ややり方、気の持ち方を替えるだけでもストレスを減らすことができます。先輩ママや育児書などを参考にしてみるのもいいと思います。

生後10〜11ヶ月頃の育児の悩み記事一覧

夜泣きは成長の証しですが、あまりにも激しく泣いたり何度も泣かれると本当に参ってしまいますね。夜泣きは特に昼間にたくさん刺...

赤ちゃんの成長スピードはその子によって大きく違い、真似をするのが得意な子もいればそうでない子もいます。そのためバイバイな...

赤ちゃんが後追いをするのはママが大好きで、見えなくなると不安だからです。ねんねの頃は泣いて訴えるだけでしたが、ハイハイが...

つかまり立ちや伝い歩きを始めた頃の赤ちゃんは、立っている時に足にたくさんの力が入り、バレリーナの様な親指を丸めた、つま先...

赤ちゃんはよく壁や床に頭をぶつけて遊ぶ事があります。ぶつけると壁の音が鳴ったり、頭中に音が響くのを聞いていたりします。本...

この頃になると赤ちゃんの心が発達し、それぞれの性格がだんだんと現れるようになります。自己主張の強い子は気に入らないことが...

赤ちゃんは物を口に入れてそれがどんなものかを確かめています。その行動で脳が刺激されて、知能も発達していきます。それと、歯...

物を投げられると大変危険ですが、赤ちゃんは遊びの一つと思っているので、ママが笑って対応していると、遊んでもらっていると勘...

赤ちゃんがいつもお姉さん座りや正座をしていると、足への影響が心配になるかも知れませんが、赤ちゃんが痛がる様子もなくいつも...

赤ちゃんが自分自身で歩き始めたのであれば、その子の成長スピードが早いだけなので、心配する必要はありません。自分で歩けない...

赤ちゃんの言葉の出る時期はその子によってちがい、「まんままんま」「ぱっぱ」などの反復音が出る時期もそれぞれです。1歳過ぎ...

赤ちゃんは離乳食が始まるとよだれが増えたり、食べかすが歯や舌に残ることで菌が繁殖し口臭がします。風邪や口内炎、中耳炎など...