気管支喘息(小児ぜんそく)の症状、治療方法、ホームケア

気管支喘息(小児ぜんそく)とは

気管支喘息とはアレルギーやウイルス感染などが原因で、慢性的に気管支に炎症があり、過敏になっている気管支がアレルギーやウイルスなどに刺激され、喘鳴や呼吸困難などの発作が起こる病気です。アトピー体質の子供や家族にアトピー体質の人がいる場合に起こりやすい病気です。気管支ぜんそくと診断されたら、すぐに治療を始めるようにしましょう。

気管支喘息(小児ぜんそく)の症状

発作は夜から朝におこることが多く、発作の程度や症状は様々です。発作が起こると気道が細くなり、呼吸をするとヒューヒュー、ゼーゼーと音がする喘鳴が聞こえ、乾いた咳や切れにくい痰がでたりします。症状がひどい場合、横になると呼吸が苦しくなり座って呼吸をするようになり、重症の場合は、チアノーゼや意識障害が起こり危険な状態になることもあります。軽い発作の場合は喘鳴は聞こえますが、普通に生活を送ることができます。重い発作の場合は、呼吸がとても苦しくなり命の危険性も伴うので、すぐに病院へ行きましょう。

 

発作の誘因は、アレルギー物質(ホコリ、ダニ、カビ、動物の毛、花粉、食べ物など)、ウイルス感染、ストレス、疲れ、たばこの煙、運動、温度差、気管を刺激する薬、排気ガス、石油やガスを使用した暖房器具から出る窒素酸化物やイオウ酸化物、光化学スモッグなど様々です。

 

発作がない時は普通に過ごせることも多く、小児喘息の場合成長とともに症状がよくなっていくことも多いです。

気管支喘息(小児ぜんそく)の治療法

発作が起こった時は発作を止めるために経口β2刺激薬や吸入ステロイド薬などを使用し、発作が起こっていないときは、慢性的に起こっている炎症を抑え発作を予防するために、抗アレルギー薬、徐放性テオフィリン薬、吸入ステロイド薬、ロイコトリエン受容体拮抗薬、長時間作用性β2刺激薬などを、症状に合わせて使用します。

 

生活面では発作を起こさないように、原因となるアレルギー物質を除去をする、ストレスや疲れをためないよう生活リズムを整える、薄着や寒風摩擦で皮膚を鍛える、体を鍛えるなどをして、発作を起こさないようにします。

 

発作が起こった場合は、呼吸がしやすい姿勢をとり衣服を緩め、腹式呼吸をさせましょう。うまくできないときは一緒に呼吸のリズムを取りましょう。赤ちゃんの場合は縦抱きをすると呼吸が楽になりやすいです。発作を起こした時に使用する薬がある場合は、医師の指示通り使用しましょう。

 

咳が出たり痰が切れにくい場合は、痰が切れやすいように水分を取ったり、背中をさすったりトントンと軽く叩いてあげましょう。原因となるもがそばにある場合はすぐに遠ざけましょう。部屋の空気を入れ替えたりすると楽になることもあります。呼吸をするのがつらく、ぐったりしていたり、爪や唇が紫色になったり、意識がない場合は、すぐに病院を受診しましょう。

結膜炎の後遺症

気管支喘息(小児ぜんそく)の原因の多くはハウスダストと言われています。ハウスダストとは、ダニやほこり、花粉、動物の毛など室内にある細かなごみのことを言います。これらは目に見えるものから目に見えないほど小さいものまであり、空中に漂っているものもあります。

 

ハウスダストが原因の場合、これらをすべて除去するのは不可能ですが、下記の項目を行いできる限り除去し発作が起こらないようにしましょう。

 

  • 目に見えないハウスダストを吸いとる事のできる掃除機を使用し、こまめに掃除機をかける。床だけでなく窓のさんやカーテンやカーテンレールの上、家具の上や隙間などの掃除もこまめに行う。特に家電製品にほこりが集まりやすいのでこまめに除去する。
  • 家具の上や床に物を置かない、掃除がしやすいように整理整頓する。
  • 布団は天日干しをして、掃除機をかける。
  • 布製の家具やクッションやじゅうたん、カーペットなどほこりが出るものは使用しない。
  • 布団カバーは高密度繊維のものを使用し、中の素材は動物の毛を使ったものは避け、ダニの発生しにくい物にする。丸洗いできるものがよい。
  • 観葉植物を置かない。
  • ペットと飼わない。
  • 空気清浄機やエアコンのフィルターをこまめに掃除する、エアコンは内部にカビが発生するので、年に1度はエアコンクリーニングをする。エアコンを点けて5分程度は窓を開けて、カビやほこりを外へ出してから窓を閉める。
  • 湿度が高い季節や一年中湿度が高いお風呂やトイレは、除湿をしてカビが発生しないようにする。下駄箱の中もカビが生えやすいので気をつけましょう。
  • 洗濯ものを室内に干さない。干す場合は除湿機を使用して湿度をコントロールする。
  • 洋服ダンスにダニやカビ防止対策をする。
  • こまめに空気の入れ替えをしたり、空気清浄機を使用する。(家の周りの空気が汚染されている場合や、花粉が原因の場合は空気の入れ替えはしない。)  など

すべての項目を完璧に実施するのは難しいですが、できる範囲で時ハウスダストを除去しましょう。その他にも下記のような気管支喘息の発作を予防する対策がります。症状や原因に合わせて対策をし、発作が起こらないように予防しましょう。

  • 手洗い、うがいを徹底し、風邪をひかないように気を付ける。
  • 皮膚や体を鍛える。(薄着をさせる、寒風摩擦をする、冬場服を温めずに着る、外で元気に遊ぶ、水泳などの運動をする※これらは必ず医師に相談してから行いましょう。)
  • 早寝、早起きで生活リズムを整え、睡眠時間は十分にとる。
  • 疲れやストレスをためない、叱り過ぎない。
  • 暴飲暴食、偏食をせず、栄養バランスのとれた食事をする。
  • 就寝時は乾燥に気を付ける。
  • たばこの煙や花火の煙を避ける。
  • 室内に排気するタイプの石油ストーブやガスストーブは使用しない。
  • 風邪の強い日や運動場やグラウンドでの運動時は砂やほこりが舞うのでマスクを付ける。
  • 子供をよく観察し喘息日誌を付ける。
  • 医師の指示通り薬を使用する。

夏場は発作が起こりにくい季節ですが、慢性的な気道の炎症は続いているので、自己判断で薬を止めないようにしましょう。止めてしまうと季節の変わり目や台風などで急に気温が下がった時に、発作が起こる危険性があります。気をつけましょう。

 

夜中から明け方に発作が起こりやすいので、両親が寝ている間に発作が起こってもわかるようにそばで眠るようにしましょう。保育園や幼稚園、学校に通っている場合は、喘息であることを伝えておきましょう。

関連ページ

アデノイド/扁桃肥大の症状、治療方法、ホームケア
注意欠陥・多動性障害(ADHD)の症状、治療方法、ホームケア
アレルギー性鼻炎の症状、治療方法、ホームケア
汗疹(あせも)の症状、治療方法、ホームケア
結膜炎の症状、治療方法、ホームケア
アトピー性皮膚炎の症状、治療方法、ホームケア
膀胱炎の症状、治療方法、ホームケア
外陰部膣炎の症状、治療方法、ホームケア
外耳炎の症状、治療方法、ホームケア
鵞口瘡の症状、治療方法、ホームケア
言語発達遅滞の症状、治療方法、ホームケア
肺動脈弁狭窄症の症状、治療方法、ホームケア
肺炎の症状、治療方法、ホームケア
扁桃炎の症状、治療方法、ホームケア
ヘルパンギーナの症状、治療方法、ホームケア
皮膚カンジダ症の症状、治療方法、ホームケア
肥厚性幽門狭窄症の症状、治療方法、ホームケア
急性副鼻腔炎の症状、治療方法、ホームケア
噴門弛緩症/胃食道逆流症の症状、治療方法、ホームケア
風疹の症状、治療方法、ホームケア
百日咳の症状、治療方法、ホームケア
インフルエンザの症状、治療方法、ホームケア
陰嚢水腫の症状、治療方法、ホームケア
急性胃腸炎の症状、治療方法、ホームケア
自閉症の症状、治療方法、ホームケア
蕁麻疹の症状、治療方法、ホームケア
川崎病の症状、治療方法、ホームケア
かぜ症候群の症状、治療方法、ホームケア
肛門周囲膿瘍の症状、治療方法、ホームケア
口内炎の症状、治療方法、ホームケア
クループ症候群/喉頭炎の症状、治療方法、ホームケア
急性気管支炎の症状、治療方法、ホームケア
急性脳症の症状、治療方法、ホームケア
急性鼻炎の症状、治療方法、ホームケア
急性中耳炎の症状、治療方法、ホームケア
慢性副鼻腔炎の症状、治療方法、ホームケア
慢性中耳炎の症状、治療方法、ホームケア
はしか/麻疹の症状、治療方法、ホームケア
水ぼうそう/水痘の症状、治療方法、ホームケア
虫歯の症状、治療方法、ホームケア
泣き入りひきつけの症状、治療方法、ホームケア
熱性けいれんの症状、治療方法、ホームケア
脳炎の症状、治療方法、ホームケア
尿路感染症の症状、治療方法、ホームケア
乳糖不耐症の症状、治療方法、ホームケア
おむつかぶれの症状、治療方法、ホームケア
おたふくかぜ/流行性耳下腺炎の症状、治療方法、ホームケア
プール熱/咽頭結膜熱の症状、治療方法、ホームケア
りんご病/伝染性紅斑の症状、治療方法、ホームケア
ロタウイルス感染症/冬季下痢症の症状、治療方法、ホームケア
RSウイルス感染症の症状、治療方法、ホームケア
鼻涙管閉塞の症状、治療方法、ホームケア
臍ヘルニアの症状、治療方法、ホームケア
細気管支炎の症状、治療方法、ホームケア
鎖肛の症状、治療方法、ホームケア
心房中隔欠損症の症状、治療方法、ホームケア
心室中隔欠損症の症状、治療方法、ホームケア
滲出性中耳炎の症状、治療方法、ホームケア
心雑音の症状、治療方法、ホームケア
乳児脂漏性湿疹の症状、治療方法、ホームケア
鼠径ヘルニアの症状、治療方法、ホームケア
斜視の症状、治療方法、ホームケア
食物アレルギーの症状、治療方法、ホームケア
胆道閉鎖症の症状、治療方法、ホームケア
手足口病の症状、治療方法、ホームケア
停留睾丸の症状、治療方法、ホームケア
てんかんの症状、治療方法、ホームケア
とびひ/伝染性膿痂疹の症状、治療方法、ホームケア
突発性発疹の症状、治療方法、ホームケア
腸重積症の症状、治療方法、ホームケア
急性虫垂炎の症状、治療方法、ホームケア
運動発達遅延/発達性協調運動障害の症状、治療方法、ホームケア
溶連菌感染症の症状、治療方法、ホームケア
喘息様気管支炎の症状、治療方法、ホームケア
髄膜炎の症状、治療方法、ホームケア